ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

薮下さんはどこへ向かうのか

薮下柊のナイッシューな気まぐレビュー#10



In Color




I Want You to Want Me 【Cheap Trick


Cheap Trickは1974年に結成された
アメリカのロックバンドですっ


ギターのリック・ニールセンと
ベースのトム・ピーターソンがバンドを組んだのは1968年頃なんですが、、、

なかなか成功を収めることができず、様々なバンド名にしたり、メンバーチェンジを何度もしたりと、チャンスがくるのをずっと待っていました。


その、なかなか上手くいかない日常の流れが変わったのが、、、

ドラムのバーニー・カルロスと
ボーカルのロビン・サンダーが加わった

1973年、1974年ですっ


やっと
Cheap Trick
というバンドの形が綺麗に見えてきましたっ


でも、
そこからトントントンッ!っと上手くいったわけではありません(>_<)


デビューアルバムはチャートインすらできず、セカンドアルバムも全米チャート73位止まりでした。


私は、60年代のブリティッシュ・ロックの影響がばんばん感じられる疾走感たっぷりなデビューアルバム大好きですっ


リックがジョン・レノンにデビューアルバムのプロデュースを依頼していたのとか、凄く好きです笑


実現はしなかったんですけどね、、、


あーーっ
今までも何度か言ってきたし
これから先も言い続けると思うけど、、、


リアルタイムで
The Beatlesから、、、

いやなんなら、チャックベリー、エルヴィスあたりから、、、

Rockを体感したいっ


なんで自分は平成生まれなんや!

とか、意味わからない、どうしようもないことを思ってしまいます、、笑


タイムマシーンがあればなぁ~~



そんなことよりっ
話を戻しまして、、笑


本国アメリカで前座バンド扱いだった
Cheap Trick】が何故、大ヒットを収めることができたのかというと、、、


それは日本で先に大ヒットしたことが大きいんですっ


日本のメディアが
Cheap Trick】に注目し
音楽誌、ラジオと、、、
あらゆる形で宣伝をすると、
それに応えるようにアルバムがヒットし、1987年に日本武道館を含む【Cheap Trick】の初来日コンサートが光の速さで決まりました!


凄いっっ


日本武道館なんて大舞台、、、
急に決まったら緊張するだろうな~っ(°_°)


でも【Cheap Trick】は、
そんな他所が心配なんてしなくていいくらいっ


お見事っっ!


って言えるくらいの
大成功LIVEをやり遂げましたっ


長い下積み時代に
莫大な数のLIVEをこなしていたっていうのも大きいんやろな~っ


やっぱり
場数というか下積みというか、、
数やっているっていうのは
いざという時に、凄く大切なものになるんだなって思いました。


その日本武道館でのLIVEを録音したライヴアルバム「チープ・トリックat武道館」が、日本限定で発売されたにも関わらず、ラジオで流れたことがきっかけでアメリカで大ヒットし、、、


その勢いは
世界に広がり、トータルで約400万枚を売り上げるほどの大ヒットを収め、日本武道館でのLIVEによって、ワールドワイドなメジャー・バンドになりましたっ




そんな【Cheap Trick】から
今回紹介させていただく曲

I Want You to Want Me /甘い罠 」

は【Cheap Trick】の2枚目のアルバム。


《In Color/蒼ざめたハイウェイ》


の4曲目に収録されてありますっ


この曲がラジオで流れて
世界的なバンドになったといっても過言ではありませんっ


愛が深い
甘酸っぱい青春ソングです(≧∇≦)


パワフルなチープトリックにしては
軽くてポッピーな楽曲ですっ


イントロのギターを聴くと
自然と落ち着くというか、、、
ワクワクもするし、どこか落ち着きますっ


不思議だ!


邦題の「甘い罠」どおり
甘いサウンドで、どちらかというと女の子が好みそうな曲ですっ


私は大好きっ!!
新幹線での 東京-大阪 間ずっと聴いてられるっ


映像で見ると尚よし!ですっ


もうねっロビンがかっこよすぎますっ


ロビンのあの顔で、あの甘い歌声、、、
完璧すぎますっ


最後、フェードアウトしていくかんじも
どこか切なくて、ポップなサウンドだからこそ凄く魅力的ですっ


そして
この「In Color」のジャケ写が大好きです!

表面が
ロビン、トムのイケメンコンビ

裏面が
リック、バーニーの冴えないおっさんコンビ

っていうのがシュールで笑えます笑


バイクの格好良さも全然違うっ

ハーレーと、自転車っぽいチープなバイク、、、笑


、、、センスの塊ですっ


そういう部分も含めて
よかったらチェックしてくださいっ


よろ柊ですっ


ありがとうございました!

10回目でまさかのチープ・トリック(笑)。

しかもレビューだけで2000字超え。

もう、さすがとしか言いようがありません(笑)。

チープ・トリックはね、辛うじて僕も知ってますよ(笑)。

これのみぐらいだけどね(笑)。

これも有名な曲ですよね。

チープ・トリックっと言えばハード・ロックのカテゴリーに分類されるはずのバンドだけど、本当、すごい美メロと言う印象があります。

そこが彼らのすごいとこでもあるんですけどね。

本当、洋楽好きの急所を一気についてきてますね(笑)。

薮下さん、さすがです(笑)。