読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

愛のゆくえ

愛のゆくえ(通常盤)

愛のゆくえ(通常盤)

きのこ帝国のニュー・アルバム、愛のゆくえ、先ほど聴き終えました。

前作、猫とアレルギーに比べるとポップス色は後退し、ダブ色が強くなった感じかなあ。

なんか、先行リリースされた夏の影みたいにフィッシュマンズを彷彿とさせる曲がちょくちょくあるんですが、どうやら、本当にフィッシュマンズのエンジニアをしてらした方が制作に関わってるとか。

とはいえ、ダブ的な曲だけでなく、愛のゆくえみたくシューゲイザー復活!とも言える曲もあり、バンドとしては原点回帰しつつ、新たな音楽性のフェーズに突入してきてるのかなと思います。

かつて、バンドとしてはシューゲイザーにこだわってないとのコメントもありましたが、インディーズ時代のような質感も感じさせる音作りだったりするので、前作がなんか違うと感じた方には今作は受け入れやすいんじゃないのかなと思います。

しかし、インディーズ最後のフェイクワールドワンダーランドからアルバム毎に核となる音楽性が違う気がして、前作でシューゲイザーをスタイルとして横に置いたのかなと思いきや、今作では質感として、復活してて、かつ、バンドとしては音作りはダブにまで手を出していて、そういう進化をしてて、面白いバンドだなあと思います。

ひとまず、ファーストインプレッションでのレビューでした。

これからもゆっくりアルバムを聴いていきたいと思います。