ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

Born in the Echoes、The Desired Effect、A Head Full of Dreams

Born in the Echoes

Born in the Echoes

なんだろう。
このアルバムは悪い訳じゃないんだろうけど、飛び抜けて良いわけでもないと言うか。

シングルにもなったGoとかは大好きです。

あと、Wide Openも好きかなあ。

Wide Open

Wide Open

ただ、この2曲以外は飛び抜けて良いわけじゃないってのが正直な感想です。

多少、こっちがハードル上げてるのもあるかもだけど(笑)。

そりゃあ、Come With Usみたいなアルバム聴いてたらどうしてもハードル高くなると言うかね(笑)。

本当、悪くはないですよ。
ただ、一聴目としては微妙かなってところです。

Desired Effect

Desired Effect

キラーズのブランドンのソロ2作目。

正直、そんなに期待してなかった分、これはなかなか良かったですね。

アルバムとしてはキラーズのようなニュー・ウェイヴサウンドにとらわれず、ポップな曲もあれば、フレディー・マーキュリーを思わせる曲もある。

アルバムのまとまりとしても言うことなし。

これは一聴目の印象がすごく良かったアルバムですね。

これは年間TOP 10に入れそうだなあ(笑)。

個人的に好きな曲は

一曲目のDreams Come True

Dreams Come True

Dreams Come True


四曲目のStill Want Youですね。

Still Want You

Still Want You

これは何回も聴きたくなるアルバムですね。

ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ

ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ


コールドプレイの新作。

んー、なんだろう。
前作でアヴィーチーと組んだことからも想像出来たのか、コールドプレイにしてはかなりポップなアルバムだと思います。

言ってみたらViva La Vidaの真逆と言うかね。

プロデューサーにStargateが起用されてる時点で、こう言う音になるのかもしれないけど。

ゲストにビヨンセだったり、ノエル兄貴だったりと本当、超豪華。

ロックの王道と言うより、ベクトルはちょいと違うかもしれませんが、マルーン5のポップ化に通ずるものを感じます。

これ、一曲に違う意味で絞れないや。

一聴目はうーん、って感じなので、何回か聴きこむとどうなるか、ですよね。


Up&Up

Up&Up

これはノエル兄貴が参加してて面白いかも。