ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

卒業発表を聞いて改めて正直な気持ちを


初めて一報を聴いたのは昨日の朝にTwitterでTLを見た時でした。

ニッカンのすっぱ抜き記事で玲奈ちゃんの卒業かと言う記事を見ましたが、ニッカンスポーツはAKBGの大本営(笑)。

釣りの可能性もあるなと言う事で、ANNを聴くまであくまでも噂として受け止めていようと思いました。


そして、ANNでの卒業発表。

僕は開始1時間くらいまでは何を言ってたか殆ど覚えてません。

辛うじて頭にあったのが、きょんちゃんや真木子さんなんかが755でコメントした事。
また、谷が玲奈ちゃんとの思い出の写真を755であげてて、玲奈ちゃんがラジオで泣いてた事かな。


昨夜寝る前は覚悟してたとは言え、多少、動揺はありました。
一晩明けて、やはり覚悟はしていた気持ちは変わりませんが、心はまだ落ちつかないですね(笑)。


正直に言いますと、僕はこの2年ぐらいの玲奈ちゃんにはかなり批判的な見方をしてました。

ぐぐたすアメブロ、公式ブログ、モバメ。
与えられたツールで一生懸命に更新していた玲奈ちゃんはここ2年ぐらいからとんと更新が減ってしまった。


その分、Twitterやインスタと言う、非常に分かりやすいオープンなツールに置く比重が高くなり、既存ツールを軽視してるように感じたんですね。

外仕事は充実していったものの、逆にSKEメンバーとしての松井玲奈はどんどん薄れていくように見えて半ば反発心を覚えてました。


比べちゃいけないですが、僕は娘。が好きな以上、どうしても道重さゆみと言うアイドルと比べてしまうんです。

外仕事も娘。の為で、本当にモーニング娘。の為に全てをささげたさゆみん

さゆみんと玲奈ちゃんではその覚悟の度合いが違うなと僕は常々思ってました。


だからこそ、いつか、この日は来るだろうと思ってましたし、その心の準備はありました。

ただ、こんなに早くとは思ってなかったけどね(笑)。


玲奈ちゃんの夢はかねてから女優さんと公言してました。

マジカルラジオでの演技力、また、映画やテレビ番組、舞台など、その礎作りには本当に貪欲だとこれはお世辞抜きで思います。


だからこそ、卒業はいつ来たっておかしくなかった。
玲奈ちゃんの視線にはSKEとしての未来はもう長くはないのではないかとモバメやらなんやらでの発言から薄々感じてました。



アイドルとしての松井玲奈を語るとすれば、2月16日に大阪で見たチームEのツアーがすごく印象にあります。
腰が悪いと言われている玲奈ちゃんですが、メンバーの中で一番ダンスにキレがありましたし、チームEとして楽しんでるように見えた。

だから、玲奈ちゃんに対し批判的な見方をしていながらも玲奈ちゃんはチームEの一員としていられるのが本当に楽しいんだなと思っていました。

あのチームEコンサートの光景は多分、SKEヲタ、松井玲奈を見てきた中で忘れられない出来ごとになるだろうと思います。


ソースを元に語るのは簡単ですが、それだとソースに誘導されて自分の気持ちが誤魔化されてしまうのもあるので、敢えて書き下ろしで今の気持ちを書きました。

事実誤認と言うか、思い込みの部分も多々あると思います。
そのあたりはご容赦願いたいですが、なるべく思った事をそのまま書きたかったので、敢えて、このような形を取りました。


最後に僕はここのプロフィールに書いてある通り、今は木本花音ちゃんを推しているので、今後もSKEは推していくと思います。

ですが、入れるか入れないかは別として、ラスト公演、ラストツアーがあれば申し込んでおきたいと思います。


まあ、自分がSKEを応援していくきっかけになった子ですからね(笑)。

その最後は見れるなら見たいですから。


今後はW松井の一角を誰が担うかとか、玲奈ちゃんがいなくなり空いた選抜の穴を誰が埋めるかとか気になります。


SKEはこれから今まで以上にひとつの大きな転換期を迎える事となるでしょう。


それを是非ファンとして見てみたいと思います。