ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

THE WORLD IS MINE

THE WORLD IS MINE

個人的にくるりの最高傑作と思っているアルバムです。

前作、TEAM ROCKと合わせて、個人的にくるりのラバーソウル、リボルバー、またはキッドA、アムニージアック的アルバムだと思っています(笑)。

要するに二部作の対となるアルバムと言う事かな。

特にほぼ、同時期のレディオヘッドのアルバムには見事に呼応していて、日本からのレディオヘッドへの回答と言えるんじゃないかと思ってます。

音楽的には前作のエレクトロ路線がさらに進んで、更に煮詰めたような感じ。

ダウナーな気だるい感じの曲も多いですが、GO BACK TO CHINAやTHANK YOU MY GIRLのようにラウドなギターが印象的なロックな曲もあります。

あと、ファン投票でシングルカットが選ばれた男の子と女の子も忘れてはいけないですね。

女の子への複雑な思いもありつつ、敬愛の念を歌ったこの曲は切なくてぐっと来ます。

そして、先行シングルとしてリリースされたWORLD'S END SUPERNOVAも忘れてはいけません。

アルバムver.ではイントロとアウトロが長くなって、さらに次の曲に繋がっていますが、粘っこいファンクすら感じさせるこの曲はやはりこの時期のくるりで随一の楽曲でしょう。

とにかくアルバムごとに音楽性が変わるくるりですが、エレクトロ、ややプログレ的な音楽を嗜好されるとしたら、くるりではこのアルバムがぴったりだと思います。