ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

最近借りたやつから

黒キ渚

黒キ渚


ソロになってからのアルバムが良かったので借りてみました。

バンド名義の黒木渚は凝ってるロックですね。

この時の黒木さんはバンド内で民主的に曲を制作してたので、多少やり辛さを感じていたのかもしれないですが、個人的にはソロに通ずるセンスの片鱗は感じさせます。

このアルバムから好きな曲はどれもセンス良くて選べない感もありますが、強いて言うなら、

骨

これかな。
虎視眈々と淡々とのTSUTAYA版に入っていたんですよね。

それで気になった曲です。

坩堝の電圧(るつぼのぼるつ)(通常盤)

坩堝の電圧(るつぼのぼるつ)(通常盤)


図書館にあるので今まで聴いてなかったと言うみみっちい事をしてたんですが、くるりの今までの作品で言うと最もこねくり回してる感がないストレートなロックアルバムだと思いましたね(笑)。

やはり、一聴して、良い!と感じさせてくれるのはくるりならでは。

そして単純なロック、と方向性が前と変わっても、やはり、高次元の音楽を聞かせてくれるところはくるりだな!と思います。


この中で好きなのは

chili pepper japones

chili pepper japones

このちょい電波が入ってる曲(笑)。

こんな変わった曲を入れてくるのもくるりらしいです(笑)。

くるりに駄作なしを今回も更新してくれましたね!