ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

KID Aをリアルタイムで聞いた人間が感じたKID Aに対する思い

レディオヘッドが生んだ20世紀最後の名盤『KID A』。なぜ時間とともに評価されたのか? | ハフポスト

昨日、グーグルのトップ開いていたらこんな記事を見つけました。


Kid A

Kid A



レディオヘッド通算4枚目のアルバム「KID A」

前作、OKコンピューターとは一転した電子音に溢れるアルバムに当時は衝撃を持って受け入れられました。

今は多少、落ち着いているのかもしれませんが、当時の日本の音楽メディア(主にロキノン)のレディオヘッドの新作に対する騒ぎっぷりは異様でしたよ(笑)。

それこそ、OKコンピューターがものすんごく評価されたもんだから、KID Aはもちろん、絶賛の嵐。

個人的にはOKコンピューターも言う程すごいアルバムかあ?ってその時は思っていた為、KID Aの絶賛の嵐にはもう物凄く違和感を覚えてました。

だから、メディア側(もちろん、この対談の文脈では世界の、でしょうが)の

前作までのギターサウンドは影を潜め、実験音楽のような電子音とリズム、メランコリックで難解な歌詞――。たちまちメディアや音楽評論家の間で論争が巻き起こる。これは“ロック”ではない、と。

当時のレビューからもメディアの酷評ぶりがよくわかる。

この反応は少なくとも日本ではありませんでしたね。

ロキノン編集者でもお一人だけ唯一、否定も肯定もしなかったくらいで。


むしろ、この記事を受けてのTwitterでの反応を見ると、ここ日本では戸惑っていたのはリスナーのようですね。

レディオヘッドを聞くのは背伸びするような感覚だった、とか、やはり数年は受け入れられなかった、とか。


かく言う僕も戸惑ったクチです。

1998年あたりにドラムンベースとかのブームもありましたし、ある程度、ダンスミュージックには免疫はあったつもりなんですよ。

でも、1曲目のEverything in Its Right Placeが始まった瞬間のひんやりとした感じ。

あれはロックリスナーとしては戸惑いますよね。

3曲目のThe National Anthemでようやくロックっぽいアプローチが出てくる。

しかし、全体としてとんでもなく不穏と言うか、陰鬱な曲が続き、10曲目、ラストのMotion Picture Soundtrackがそれを浄化するかのような、そんなカタルシスに満ちた、このアルバムで唯一救いのあるような雰囲気の曲ですよね。


リスナーとしてはリリースから18年半経った今としては全く違和感を持たずに聴けるアルバムです。

しかし、当時の反応としてはロキノン読者の

「このアルバムがレディオヘッドのアルバムじゃなきゃ好きになってた」

と言う反応がある意味では正直な感想で、日本の音楽メディアは当時のライナーノーツを見ても分かる通り、大熱狂だったように僕は覚えています。

ライナーノーツでアルバムに対するネガティブな反応は書けないとしても、なんとなく、KID Aを評価しないといけない空気みたいなのを個人的には感じてました。


でね、この当時、トム・ヨークが火に油を注ぐようなことを言ったんですよ(笑)。

「ロックはゴミだ」

と。


そりゃあ、ロックリスナーとして心中穏やかじゃないですよね(笑)。

折しも2000年といえばニューメタル全盛。

オアシスも4作目でややサイケな方向に走りましたが、レディオヘッドまで大胆な方向転換はしなかったのもあり、僕の心の拠り所はオアシス他、ロック的なアプローチをするバンドでしたね。


翌年、レディオヘッドはこのKID Aとある意味では対になるアルバム、アムニージアックをリリースするのですが、こっちの方がむしろ、KID Aの衝撃がデカすぎて、評価されていないんじゃないかな、と思うくらいです。

こちらはアプローチとしてはジャズだったり、ギターがきちんと鳴っていたりで、ロックらしさがまだあるアルバム。

僕自身もこちらの方がすんなり受け入れられましたし、今でもレディオヘッドの最高傑作と信じてやまない作品です。


今や世界的バンドとなったミューズのマシュー・ベラミーがKID Aとアムニージアックを評して上手いことを言っていました。

曰く、

「KID Aは炎を遠くから見ている感じだけど、アムニージアックは炎の中にいる感じ」

と。

これこそが一番KID Aの感想をわかりやすく言い表しているのではないか、と僕は思います。


あれから、レディオヘッドはもはやロックとは遠いところに行った印象が僕の中ではあります。

その是非はさておき。

そのターニングポイントとなったのが間違いなく、このKID Aでしょう。

音楽が多様化したなか、ロックリスナーにとって踏み絵となるような存在のアルバムはそうそうないと思います。

そう言う意味ではこのKID Aはある意味、踏み絵ではないか、と。

トム・ヨークにはその意図はなかったでしょうが、1990年代後半から2000年代において、これほどリスナーとして試されていると感じたアルバムは後にも先にもないです。


日本ではくるりスーパーカー同様のエレクトロなアプローチのアルバムを発表し。特にスーパーカーは解散まで、エレクトロ色の強いアルバムを出し続けました。

当時、スーパーカーのナカコーはレディオヘッドとはたまたま音楽性が呼応している、と雑誌で言っていたような気がしますが、それぐらいロックシーンに影響を与えたこのKID A。

このアルバムに関しては肯定でもなく、否定でもなく、この言葉がふさわしいでしょう。

ただただ衝撃だった

と。




SANUKI ROCK COLOSSEUM 2019 反省会

さて!
約3週間ぶり?の更新です。

前回の更新で意気込んでマイタイテ組みましたが、こうなりました。

  • 11時台

四星球

前日、茶さん(id:nantokacha)とご当地ハイボールとか訳の分からないことをして、朝ご飯食べたのが10時。

まあ、お酒が残っていたのもありますが、若干気分悪くて、とりあえず、茶さんと四星球に行きました。

まあ、四星球は安定ですね(笑)。

何が安定かというと、ネタぶっ込んでくるけど、歌はいたって真面目。

真面目って言ったら四星球のお株を奪っちゃう感じですが、メロディアスに、そしてラウドにしっかり決めてくれました。

定番のクラーク博士と僕もやってくれました。

クラーク博士と僕

クラーク博士と僕

  • 四星球
  • ロック
  • ¥250

しかし、四星球、昨年もそうですが、今年もフェス掛け持ち。

ステージを終えて急いで福岡に飛んでいきました(笑)。

  • 19時台

ジャパハリネット

あれ、めちゃくちゃ飛んでるじゃんと思われた方。
そうです。

四星球終了後、茶さんがうどん食おうと言ったのですが、四星球の時からの体調不良が尾を引いて、うどん屋さん目の前にして、ホテルに直帰(ノ∀`)

そこから、18時ぐらいまでホテルで静養&寝てました(笑)。

お酒もですが、さすがに2時間しかあいてないなかでの昼ご飯きつかった。

ということでかなり時間飛んで、19時半のジャパハリネットに備えました。

ジャパハリネットは1曲目に哀愁交差点を持ってきたのですが、そこにベテランバンドとしての余裕を感じましたね。

似たようなことを

2015年の見放題アンダーグラフがやった事があります。

その時のアンダーグラフの真戸原さんが、

「君たちもう疲れてるやろ?だから一番有名な曲を最初にやります」

と言って代表曲「ツバサ」をセットリストの一番最初に持ってきたことがありました。

今回、ジャパハリにそう言う意図があったのかは分かりません。

しかし、1曲目の哀愁交差点

まあ、世代なんで、泣きながら見てました(笑)。

瓦町地下広場というある意味では制約のある場所でしっかり、ラウドに、そしてアンコールまでやって帰っていきました。

ちなみに。
この翌日に関してはメンツがアレだから1日参戦にしたと前回の更新で書きましたが、実はマイタイテを組もうとすれば組めるくらいのラインナップだったんですよね。

実際、先にチケットが売り切れたのはこちらの方だったそうです。

では何故行かなかったというと、茶さんが別の現場(東京)を回すことを内々に聞いていたからで、じゃあ1人でこれに行くのなら別にいいやって気持ちがあったからなんですよね。

この人はねえ、11年前にも秋田の大洗の花火に行くと言うアリバイ作っておきながら、そのまま、豊臣秀吉もびっくりなくらいの移動距離を経て、翌日岡山で藤本美貴さんのライブ見に来た人ですから(笑)。

その時も内々に、と口止めされてましたね(笑)。

だからまあ、24日はうどん店を2軒ぐらいはしごして、岡山に帰りました(笑)。

ね、一応、ゴールド免許保持者の僕が使い物にならない(酒気帯びになる)ので、免許とってまだ1年も経ってない?茶さんに香川の街を運転させると言う、ね(笑)。

茶さん、その節はありがとうございました┏○ペコッ


さてさて。
現場としては予定が入ってるのはこれでひとまず終わりでして、あとはまだ未定です。

奇しくもブログ更新をストップしている間にSKEの推し木本花音ちゃん、娘。の推しの工藤遥ちゃんがいずれもグループを卒業いたしまして、現在、いずれも女優方面に。

20日には体調が良ければ2月まで放映されていた怪盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャーのファイナルツアーに行ってきます。

あと、ルパパトの映画もぜひ、行きたい。

そんな感じでしょうかね。

推しがアイドルを卒業するとですね、本当、やることが激減するんですよ(笑)。

どうしても舞台は東京中心ですから、まだまだ軍資金がない僕は大人しくしておきます。

そう言う訳でグダグダになりましたが、今回のレポ終わり(笑)!




SANUKI ROCK COLOSSEUM 2019 マイタイテ

ご無沙汰しております(笑)。

2年前のサヌキロックの予習記事の途中以来の更新です。


単純に更新が止まってました理由としましては、

前回更新時の翌週がそれなりに忙しかった
そのまま大学最後の1年になり忙しかった

とかありますが、一番は

単純にネタがなかった

これですね(´▽`) '`,、'`,、←

と言うことで、連続更新もストップしましたし、これからは自分のペースで更新していこうと思います。


さてさて。
今週の土曜日より香川は高松の瓦町でサーキットフェス、SANUKI ROCK COLOSSEUMが始まります。

実はあの更新のあと、2017年、2018年と参加してまして、今年も参加します。
同伴者は3年連続で茶さん(id:nantokacha)。

お互い、香川からは随分離れたとこに住んでるのに何故か3年連続の参戦です(ノ∀`)

ただ、2017、2018年と2日参戦してきましたが、今年は23日のみの参戦です。

だって、年々出演者がしょぼくなってるんですもん

まあ、お目当てが23日に固まってるし、今年は1日参戦で良いかなと言うことで僕は23日参戦のみに相成りました(笑)。


前置きが長くなりました。

では、個人的マイタイテをばご紹介します。

  • 11時台~12時台

ここはBiSからのPELICAN FANCLUBか、そもそもフレンズかビレッジマンズストアとか悩ましいところ。

ビレッジマンズストアは2017年の見放題で一度見てるんですよね。
で、楽しいのは間違いない。

しかし、前から気になってるPELICAN FANCLUBとフレンズも捨て難いんですよね。

BiSはまあ、どんなのか興味本位かな(笑)。
四星球に関しては他のフェスで結構、見たので今回はパスの予定です。

〇PELICAN FANCLUB
△フレンズ、ビレッジマンズストア、BiS

  • 13時台

ここは行くとしたらFABLED NUMBERかな?
茶さんはWiennersに行くらしいけど、行くまでに音源聴いてから判断しようと思います。

でも、多分、ご飯休憩かな(笑)。

〇ご飯休憩
△FABLED NUMBER、Wienners

  • 14時台

ここも悩ましい。
前にApple Musicでプッシュされてたはずの緑黄色社会がとりあえずは1番手かな。

その次にFIVE NEW OLDかMOSHIMOだと思います。
この2組はそれぞれかつて別のフェスで見たことあるんですよね。
なので、この2組は2番手の予定です。

緑黄色社会
△FIVE NEW OLD、MOSHIMO

  • 15時台

ここはもうBRADIO一択です(笑)。
もうそれ以外ないです(笑)。

BRADIOもかつて別のフェスで見た事ありますし、単独にも行きましたが、彼らは別格。
彼らのライブは何度見ても楽しいんですよね。
ですので、ここはBRADIOです。

BRADIO

  • 16時台

ここもセックスマシーン!!一択ですね(笑)。
セックスマシーン!!に関してはそれこそ、2年前のサヌキロックで見て以来、もうフェスで5回くらい見てますが毎回飽きないですからね(笑)。

festhalleと言うデカいハコでどんなパフォーマンス見せてくれるか楽しみです。

〇セックスマシーン!!

  • 17時台

ここは18時台が未発表の段階では嘘とカメレオン一択だったんですが、18時台にBiSHが入ったため、ご飯休憩になるかも?ですね。

さすがにオリーブホール→festhalleを5分で回すのはキツいし、BiSHは気をつけないと入場制限になるかもですからね。

ですので、ここは慎重に見極めたいと思います。

〇ご飯休憩
△嘘とカメレオン

  • 18時台

ここは当初はグッドモーニングアメリカでした。
昨年の見放題に来てくれたのに見放題自体に行かなかったから。

しかし、BiSHが出るとなればBiSH一択です(笑)。
万が一、BiSHに入れなくなった時は予定通りグッドモーニングアメリカに行くと思います(笑)。

〇BiSH
グッドモーニングアメリカ

  • 19時台

ここは素直にジャパハリネットで締めたいと思います(笑)。

2017年の長田大行進曲で哀愁交差点聴いて感動しましたが、アラフォー世代としてはこれをもう一度!ってのがあるのでね(笑)。

なので、23日の締めはジャパハリになると思います。

ジャパハリネット


と言う事で!
現時点のマイタイテを組んでみましたが、〇だけでライブハウス間の移動で言うとこんな感じです。

DIME→(ご飯休憩)→festhalle×3→(ご飯休憩)→festhalle→瓦町駅地下広場

ほとんどfesthalle張り付き(ノ∀`)


ただ、
デカいハコでBRADIOとセックスマシーン!!がどんなライブをしてくれるか。
BiSHはどんなパフォーマンスを見せてくれるか。
また、個人的にサーキットフェス参加の意義の1つと考えているまだ見たことないバンドのライブを見る楽しみ
と、この1日だけでもそれなりに楽しめそうです。


とりあえず願う事は…

どうか、天気が崩れませんように!!!




SANUKI ROCK COLOSSEUM 予習2

今日はDIMEとMONSTERです。

DIME(3/19)

Age Factory

真空から

真空から

  • Age Factory
  • ロック
  • ¥250

オルタナとのことですが、なんとなくback numberを力強くした感じのようにも感じますね。

最初が囁く感じで、サビで一気に爆発する感じがいい感じです。

おいしくるメロンパン

色水

色水

  • おいしくるメロンパン
  • ロック
  • ¥250

名前は奇妙だけど、ちょっぴりヒネた感じのギターポップ

これはちょっと見てみたいですね!

Saucy Dog

名前とは裏腹?にロキノン系みたいなロックですが、凄い聴きやすくていいかも。

音源がApple Musicにないのが残念ですが、気になります。

MONSTER(3/19)

cinema staff

great escape

great escape

昨年、ONIGAWARAとツーマンをやったバンド。

ヘヴィなオルタナって感じでしょうか。
すでにYouTubeで300万回再生してるだけに良く出てくれたなって感じです(笑)。

ドラマチックアラスカ

無理無理無理

無理無理無理

  • ドラマチックアラスカ
  • ロック
  • ¥250

サーキットフェスの常連バンドですよね。

一昨年前の見放題にも出てました。

聴きやすく、エッジもあるロック。
気になります。

Rhythmic Toy World

いろはにほへと

いろはにほへと

  • Rhythmic Toy World
  • ロック
  • ¥150


見た目的に無理そうかなと思って曲聴いたらなかなか面白かった(笑)。

こう言うバンドはサーキットフェスならではで映えそうですね。

Alcott

ちょっぴりU2っぽさを感じさせる爽やかなロック。

PVも関西の風景で更にDancing Dollsのメンバーが出てるんですよね。

なかなかいい感じです。

MELLOWSHiP

The Way

The Way

  • MELLOWSHiP
  • ロック
  • ¥150

ある意味、ピザオブデス勢を彷彿とさせる感じのヴォーカルとポストグランジ的な音。

これはこれで楽しそうな気がします。

SPiCYSOL

AWAKE

AWAKE

  • SPiCYSOL
  • ロック
  • ¥200

ヒップホップ、サーフミュージックフレイバーの感じるロックですね。

これは他と毛色が違って面白そう(笑)。


次回は3/19最後の2会場です。




SANUKI ROCK COLOSSEUM 予習1

今日から1日ずつ、SANUKI ROCK COLOSSEUMの予習を2会場ずつしていきたいと思います。

全部上げるとキリがないので気になったバンドのみ(笑)。

かつてフェス系など何らかの記事であげたバンドは除きます。

festhalle (3/19)

the band apart

ピルグリム

ピルグリム

名前だけは聞いた事あったんですよね、このバンド。

で、なんとなーくオルタナっぽいかなあと思いきやそうじゃない(笑)。

割とダンサブルな感じもあって、僕は好きな感じかなあ。

だから、マイタイテにも入れたんですけどね(笑)。

岡崎体育

家族構成

家族構成

最早説明不要くらい有名になったゆるいテクノやる彼。

だからこそ、今更見るのは難しそうな予感(ノ∀`)

感覚ピエロ

A-Han!!

A-Han!!

  • 感覚ピエロ
  • ロック
  • ¥250

サーキットフェスでは常連のバンドですね。

このバンド、実は前から気になってはいたのですが、時間的に見れない事はないんですが、ミナホで気になっていたけど、見れなかったAmelieと比べると甲乙つけがたいって感じなんですよね。

ダンスパンク的な感じが良い感じです。

FLOW

COLORS

COLORS

  • FLOW
  • ロック
  • ¥250

なんでこんな超有名どころがこのフェスに出てくれるんだろう、その1(笑)。

FLOWと言えば贈る言葉のカバーが有名ですが、僕はこの曲が大好きです。

SAKANAMON

ミュージックプランクトン

ミュージックプランクトン

名前だけはこのバンドも知ってました。

結構、凝ってるけど、分かりやすく消化してあるロックな感じがいいですね。

なので、これも一度見てみたいな、と(笑)。

175R

ハッピーライフ

ハッピーライフ

なんでこんな超有名どころがこのフェスに出てくれるんだろう、その2。

175Rはですね、見てはみたいけど、有名であるがゆえにここを優先すると他に行けなくなるなと思い、敢えて外しました。

でも、気にはなります。

オリーブホール(3/19)

SWANKY DANK

Sink Like a Stone (feat. Hiro from MY FIRST STORY)

Sink Like a Stone (feat. Hiro from MY FIRST STORY)

  • SWANKY DANK
  • ロック
  • ¥250

PV見てて、無性に見たくなったなあ(笑)。

僕的には結構好きなポストグランジ的な音ですね。
ライブ見ると激しいんだろうなあ。

魔法少女になり隊

革命のマスク

革命のマスク

分かりやすいピコリーモ(笑)。

このバンドを知ったのはTSUTAYAスクランブルフェスだった気がしますが、バンド名に反してなかなか面白い音楽やってると思います(笑)。

最終少女ひかさ

これもPVを見ていて見てみたくなったバンド(笑)。

なんかヤケクソ感が面白いですね(笑)。

0.8秒と衝撃

もうこのバンドを知ったの5年前になるのかな。

能年玲奈さんのラジオで知って、そのパンキッシュな曲調に一聴き惚れしました。

だから今回見てみたいんですよねえ。

ポルカドットスティングレイ

テレキャスター・ストライプ

テレキャスター・ストライプ

  • ポルカドットスティングレイ
  • ロック
  • ¥200

このバンドも名前だけ知ってるかな。

ある意味、椎名林檎さんと相対性理論を足して二で割ったような感じかな。

ここは175Rとかぶってますが、せっかくなのでこっちみてみたいかなあ。

さて、次回はDIMEとMONSTERの19日ぶんで気になるバンドを取り上げてみたいと思います!