ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

You Get What You Give

You Get What You Give

You Get What You Give

  • ニュー・ラディカルス
  • ポップ
  • ¥250

1998年の隠れた名曲です。

ビルボードHot 100では最高位36位と大ヒットとまではいたりませんでしたが、イギリスでは最高位5位とヒットしました。

90年代後半の音楽の過渡期に若干の黒っぽさを感じさせる、ポップロックはなかなか新鮮だったなと思います。

今、YouTubeでもPVが3,000万回再生されていて、彼らの代表曲と言っても差し支えのないナンバーとなっています。

メインソングライターのグレッグ・アレキサンダーはその後、SantanaとMichelle BranchのThe Game of Love、Maroon 5のAdam LevineのLost Starsをそれぞれ共作で手がけたりと、作曲家としても活躍します。

僕はこの曲は完全に後追いで聴いたんですが、最初、グレッグのボーカルを聴いた時、ミック・ジャガーと思ったくらいで(笑)。

でも、なかなかセンスのある楽曲で、過小評価されるべきではない楽曲だと思います。

gleeにも使われたらしく、十分、後世に評価されてる面もありますけどね。