読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

薮下さんによるビーチボーイズのレビュー

薮下柊のナイッシューな気まぐレビュー#14

ラヴ・ユー



Mona ・ ・ ・ ・ ・【The Beach Boys


お久しぶりですっ笑
お久しぶりの気まぐレビューですっ

最近は
本当に肌寒くて冬が近づいてきている感じがするのですが、、、

今回はっ

1961年に結成された、SUMMER色の強い米国西海岸のロックバンドです!!


この季節にあえての
The Beach Boys
です!


夏を引き摺りまくりましょう!笑


The Beach Boysは、お父さんがよく聴いていて知りましたっ

今ではThe Beach Boysの曲、、
なかなか聴きまくっているので、早い段階で知ることができてほんとによかった!!

お父さんありがとう!笑


The Beach Boysは、
61年にデビューしてから30年以上ものあいだ現役で活躍しまくった最長寿バンドですっ


勝手なイメージなんですが
The Beac Boysは、たくさんあるアメリカのロックバンドの中でも特に特に特にっ

アメリカらしいロックバンドだと思いますっ


音そのものが
アメリカの西海岸を思わせる軽快なもので、、

、、行ったことないけど、笑

曲のタイトルに"USA""California""New YorkCity"が入っていたりと、、


いかにもな
アメリカのロックバンドだなと思いますっ


愛国っぷりが
めちゃめちゃカッコいいですねっ


NMB48も、、、そういうの、、

あ!

「てっぺんとったんで」とか「なんでやねん、アイドル」

とかは、いかにも"大阪"ってかんじですねっ笑

なんなら
NMB48
が大阪か。笑

いやでもっ!!これからはもっともっと
The Beach Boys
"いかにもアメリカ"
みたくっ

"いかにも大阪"
なアイドルになればいいですねっ


The Beach Boysのことを考えると共に星条旗が頭に浮かぶもん笑
そっちのがカッコいい気がする(≧∇≦)



私はThe Beach Boysの中心メンバー、ブライアン・ウィルソンの創る音楽が大好きですっ


60年代から70年代にかけてブライアン・ウィルソンはめちゃめちゃこじらせます。

ほんとに
めちゃめちゃめちゃめちゃこじらせます。


書きづらいこととか、、
たくさんあるんですが、、

例えば、、

丁度この時代は、知らない人はいないであろうイギリスのロックバンド

The Beatles

が登場し、お互いの音楽性、芸術性、創造性をぶつけ合い凄くスリリングな戦いをします。

ただ
The Beatlesはレノン&マッカートニーという最強最高コンビに加え敏腕プロデューサーがいたんですがThe Beach Boysブライアン・ウィルソン1人だけやったんです、、(;_;)


1人で
「バンドリーダー」
「シンガーソングライター」
「プロデューサー」
を受け持ち、ブライアン・ウィルソンはおかしくなってしまいます。。

ダメなものに走ったり、、
過食症になってしまったり、、

危ないよ~~~(>_<)
ほんと孤独ですね、、


ブライアン・ウィルソンThe Beach Boysのポップなミュージックの裏で凄く孤独な男の人です。


、、背景を知るとどよんとした気持ちになることもあるんですが、この人生でこの音楽性は凄く凄く魅力的だなと思います。


ちなみに私、ピアニストやとショパンが1番好きです!

これまた凄く凄くこじれた悲劇的な人生を送っているんですけど、孤高の天才が創る音楽は凄く凄く凄くっ魅力的ですっ

凄くだらけや、、笑


ずっとショパンばっかり弾いてたな~



The Beach Boysの背景を何も知らずに、ただお父さんが流しているのを聴いている時と現在では少し聴こえ方は違うのですが、、


私は
知った上で聴く方が、その曲の価値が上がる気がしていいと思いますっ



今回紹介させていただくのは
1977年にリリースされた「Love You」という、楽曲のほとんどが先程紹介したブライアン・ウィルソンによって創り上げられた私の大好きなアルバムから1曲ですっ


この時代、
セルフプロデュースって珍しかったらしいので自分自身で自分達の音楽を創るのがほんとにカッコいいですっ


しかも、その時代に成し遂げているのがめちゃめちゃカッコいいし音楽の可能性を広げていていいですよねっ


紹介させていただくのは「Love You」に収録されてある

Mona

という約2分の楽曲です\(//∇//)\



ブライアン・ウィルソンがサウンドプロダクションをほとんど1人でしたため全体的にシンセサイザーが全面に出ているアルバムなんですが、シンセサイザーに興味があるので私にとって最高なアルバムですっ


Mona」は元気たっぷりな、シャッフルのリズムが楽しい曲ですっ


デニス・ウィルソンのしゃがれた歌声が癖になりますっ



短い曲なので、、

よかったら今すぐ聴いてみてくださいっ笑



そして
「Love You」
全て聴いてみてくださいっ



いつまでも夏を引き摺りたいので、私はまだまだ今日紹介させていただいた

The Beach Boys
Tubeさんを聴きまくります!!笑



最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

と言う事で、レビュー14の方ですが、ビーチボーイズでペットサウンズ以外を出してくるのが薮下さんらしいですね(笑)。

僕はほぼ、ペットサウンズしか聴いてないに等しいのですが、Mona、聴きました。

この頃は確か、ブライアンは表舞台から消えていたんですかね?

でも、ビーチボーイズ節は健在だなと思いました。

ブライアンは今でこそ復活しましたが、本当、ビートルズの登場で相当、プレッシャーを感じてたらしいですからね。

でも、そのプレッシャーの中、ペットサウンズ、スマイルってアルバムを残したのは本当、すごい。

本当、孤高の天才って感じですよね。

このLove Youってアルバムはまさに薮下さんのレビューで知ったんで、また実家帰った時に聴こうと思います(笑)。

Mona

Mona