読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

薮下さん、ついにニュースに


大阪・難波が生んだアイドルグループとして、AKB48グループの中では異質な存在であるNMB48。プロ顔負けのお笑いセンスを披露するメンバーがいれば、モデル並みのスタイルを持つメンバー、山本彩のように今すぐにでもシンガーソングライターとしてデビューできるアーティストまで個性豊かなメンバーが勢揃いしている。

その中でも異彩を放っているのが、薮下柊だ。今回のAKB48選抜総選挙でも第39位にランクインし、次世代のNMB48を引っ張るセンター・エース候補として注目が集まっているメンバーだ。

その薮下がブログに綴っている「薮下柊のナイッシューな気まぐレビュー」が話題となっている。薮下が大好きな洋楽についてレビューをしている記事で、これまで取り上げたアーティストがCheap TrickRamonesKula ShakerSupergrassPulpoasisBlurHappy Mondaysなど、90年代のブリットポップを中心に選曲している。ちなみに薮下は17歳である。もともとが、TheBeatlesの大ファンになったとのことで、主にUKをベースとする洋楽ロックにドハマリをしたようだ。

レビューもしっかりとしたもので、音楽雑誌のレビューのようなカッチリとして、情報が満載に掲載されているようなものではないが、ついつい見ていると聞いてみたくなるような熱のこもった素晴らしいレビューを披露している。

最新のCheap Trickレビューでは、

「あーーっ今までも何度か言ってきたし

これから先も言い続けると思うけど、、、

リアルタイムで

The Beatlesから、、、

いやなんなら、チャックベリー、エルヴィスあたりから、、、

Rockを体感したいっ

なんで自分は平成生まれなんや!」

とロックなコメントまで残しているほどの熱狂ぶり。まだまだ紹介したい楽曲はいっぱいあるようで、今後の展開が気になるところだ。

ついにYahoo!のニュースに乗りましたね(笑)。

僕は、第6回から見てただけなので、もっと早くから見ていた人、また、薮下推しさんは嬉しいと思います。

彼女のレビューは元のニュースのタイトル通り、洋楽雑誌並だと思ってますし、それだけじゃなく、彼女のようにアイドルという立場の人が自分が好きだった洋楽の良さを発信してくれるのはありがたい事です。

洋楽ファンが自分の洋楽を好きと拡散するのは当たり前の事なのですが、一部、フラットな見方が出来ない洋楽ファンが、自分の好きな音楽のみを持ち上げて、他を貶したり、知識自慢に陥っている現状もネット界隈ではあると思います。

そう言うのは新規ファンを遠ざけるだけだと思いますしね。

でも、本来は音楽はもっと自由に聴いて良いものだし、寧ろ、新規ファンがつく事はありがたい事だと思うんですよね。

特にブリット・ポップみたいなまだ大きなリバイバルが起きてないムーブメントは尚更ね。

そういう意味で、彼女みたいなアイドルさんがたとえば、ブリット・ポップを好きと公言してくれて、少なくとも、彼女のファンにはこう言う音楽があるんだって気付いてもらえる事は良い事だと思うんです。

彼女はブリット・ポップリアルタイム世代の自分からしても熱心に聴いてるって分かるレビューを書いてるますからね。

だから、彼女より大分、歳上の自分としては、彼女にこれからも洋楽を掘ってほしいと思いますし、もっともっと、僕たちを驚かせてほしいなあと思います。

洋楽が好きな人間としても、こう言うアイドルさんがいるって事は嬉しいですからね。