ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

Covered by Muse

今朝、ふと、

1 Love: Nme Warchild Album

1 Love: Nme Warchild Album

これを聴きたくなりました(笑)。

このアルバムと言えば、色々カバーが入ってるのですが、その中からMuseの曲取り上げて、ついでにあと2曲、Museのカバーを貼りたいと思います。

このアルバムにはAnimalsのHouse of the Rising Sunのカバーが入っているのですが、

この見事な原曲破壊(笑)。
先日の9mm Parbellum Bulletによるロビンソンのカバーに匹敵するような破壊力のあるメタリックなカバーだと思います。

原曲と比べてみるといかにMuseのカバーがけばけばしいか分かりますよね(笑)。


続いて、恐らくIn Your World/Dead Starのシングルに収録されているMuseのカバーしたやつの中で一番有名であろう、君の瞳に恋してる

Can't Take My Eyes Off You

Can't Take My Eyes Off You

  • ミューズ
  • ポップ
  • ¥200

YouTubeにあった音源が音悪いので、iTunes音源ですが、イントロこそ原曲にそれなりに忠実ですが、この後、サビで一気にバーストして、Museらしさを見せてくれます(笑)。

オリジナルはFrankie Valiですね。

60年代のR&Bだなあと感じるあの時代の音。

そして、最後にNMEの付録についていたSuppermassive Selectionと言うMuseのメンバー選曲の開演前BGMのコンピに収録されていたMan of Mystery。

これは正式リリースはされていないカバーなんで、すごくレアなんですよね。

GSっぽさも出してるけど、やっぱりキラキラしてる感じがMuseっぽい(笑)。

原曲のThe Shadowsはあの時代らしい音ですよね。

以上、Museによるカバーを3曲紹介しましたが、2ndの時に某雑誌に過剰の美学と言われた通り、Museのカバーは本当、過剰です(笑)。

だが、そこがいい!

こうやって聴き比べてみるのも面白いですよね。