ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

1人で行って来たSKE チームE ツアー (2月のレポです)

mixiに2月にあげたやつの再録です。
2/16にオリックス劇場であったSKEの全国ツアー、チームE公演に行ってきました。

セトリは公式より(笑)。

M-0 Overture
M-1 オキドキ
M-2 バンザイVenus
M-3 初恋の踏切
M-4 チャイムはLOVE SONG
M-5 ワッショイE!
M-6 ハート型ウイルス
M-7 エンドロール
M-8 となりのバナナ
M-9 キャンディー
M-10 恋よりもDream
M-11 枯葉のステーション
M-12 眼差しサヨナラ
M-13 背中から抱きしめて
M-14 リオの革命
M-15 JESUS
M-16 バナナ革命
M-17 ごめんね、SUMMER
M-18 青空片想い
M-19 アイシテラブル
M-20 1!2!3!4! ヨロシク!
M-21 賛成カワイイ!
M-22 パレオはエメラルド
M-23 遠くにいても
EN-1 12月のカンガルー
EN-2 青春カレーライス
EN-3 絶滅黒髪少女
EN-4 SKE48
EN-5 手をつなぎながら


SKEのコンサートに行くのは実に2年ぶりで、前回行ったのは娘。のミチシゲイレブンツアーの蒲郡公演の同日の日本ガイシホールでのSKE全体での単独ライブ以来です。
とは言え、今回のライブは実は相当期待薄でした。

と言うのも、SKE熱が最高に高かった当時、ようやく受験勉強から解放されて意気揚々とガイシホールに乗り込んだものの、あまりのハローとのコンサートの雰囲気の違いにうまく溶け込めず、消化不良を感じて帰ってきましたからね(笑)。


そして、当時の最新シングル「チョコの奴隷」のあとからのシングルが(個人的に)糞曲連発なのもあったし、SKEで一推しの松井玲奈ちゃんは松井玲奈ちゃんでなんだか、言葉を選んでと言うか、本心を偽って発言してる感じがどうも受け入れられなくなってきてて、自分にはどんどん彼女の言葉が観念的にしか聞こえなくなってて、方向性の違いをかなり感じ始めてて、まあ、SKEに対する自分内評価はガイシ以降だだ下がりの一途だったんですね。

なので昨年のドームコンも飛ばしたくらいだし、本当にあまり期待はしてませんでした。


でも、YouTubeに上がってる公式チャンネルのE公演の袋とじ(SKE劇場でのE公演中に必ずあるらしい寸劇。こう言うの→http://youtu.be/76I6__OASAQ)とかはよく見ていたし、しかも、今回の全国ツアーでSKEの中で一推し二推しの松井玲奈ちゃん、木本花音ちゃんがいるチームEが大阪に来ると言うことで行ってみることにしました。


結果としてはこれが大当たりでした(笑)。


まず、セトリに関しては上にあるようにシングルも含めて知ってる曲が多かったので、割と薄い自分にも分かりやすくて、ありがたかったですね。


何より、オキドキバンザイVenus初恋の踏切

この流れ。

初っぱなからSKEを好きになるきっかけになったオキドキには沸きました(笑)。

あと、初恋の踏切
これは昔BeeTVであった玲奈ちゃんのドラマのエンディングテーマだったので、それで覚えてたのもあって、この曲が来たか!って感じだったんですよね。


ちなみに最初は玲奈ちゃんも花音ちゃんもともに見つけられなかったのですが、途中で花音ちゃんは身長低い(←失礼)ってことですぐ見つけたんですが、今回のコンサートで印象的な事がありまして、最初のメンバー紹介での玲奈ちゃんと花音ちゃんがすごい対照的だったんですよね。

花音ちゃんはなんとなく、他のメンバーの自己紹介の時何もやってなくて、玲奈ちゃんは逆にノリノリにやってる。


これ、何とでも解釈出来ますが、まあ、推しに甘いので、僕はまあ、花音ちゃんは17だし、そう言うのが恥ずかしいか、反抗期みたいな年頃だろうなあとか、玲奈ちゃんは逆に大人だし、こう言うの恥ずかしくないだろうし、何よりチームEとしていれるのが楽しいんだろうなあと思いました。


事実、玲奈ちゃんはそれを感じさせる部分が多々あって、ダンスも積極的で非常にイキイキして踊ってるように思えました。

玲奈ちゃんは事務所を3年前に移籍してから徐々に外仕事が増えたのもあり、また劇場での公演に出演する回数は昔よりかなり減っていますが、胸の奥では公演に出たい→チームEのメンバーとしても活動したいって思いが強くあるんだろうなってくらい、チームEのパフォーマンスを文字通り引っ張ってたように感じました。
昔、レッスンで腰を痛めて、その後遺症で100%の力では踊れないと言うのを聴いた事あるので、こっちも玲奈ちゃんは軽く流す感じで踊るんだろうなぐらいに考えていたら、メンバーで一番目立つぐらいにパワフルにいきいきと踊ってましたからね。
チームEのメンバーとしていれる事を玲奈ちゃんが一番楽しんでいるように感じました。



劇場公演曲や、カップリング曲はあまり分からないので、分かる曲とシングル中心に感想言いますと、6曲目のハート型ウイルスはおおっ!ってなりましたね(笑)。

これはAKBの公式音ゲーで最近やってて知ってたからだと思います。
それに花音ちゃん、センターだったしね(笑)。


あと、12月のカンガルーも賛成カワイイ!アイシテラブル!もシングルで聴いた時は糞曲だと思ってたけどライブで聞くとなかなか良い。


また、となりのバナナと言う曲では4期のこあみこと小林亜実ちゃんと柴田阿弥ちゃんが歌った歌がありまして、最後に3月にこあみちゃんが卒業するって事をネタにした台詞がありまして、阿弥ちゃんがこあみのアホって言う一幕もありました。


ちなみにこのセリフは元ネタはこれ→http://ske48matome.net/archives/42660729.html
だったり、
もっと詳しくはこっち→http://s.ameblo.jp/ske48official/entry-11986628929.html
だったりするのですが、(補足しますと2人はかつてガチで喧嘩した事があって、それを逆手にとって以来不仲のニコイチ(ただし、実際は同期で同い年だし仲いい)みたいな感じのカプとしてヲタには認知されてました)
こう言うのを知っていたのでぐっと来ました。


それとこれは無粋なことかもしれませんが、特に玲奈ちゃんのソロ曲、枯葉のステーションのとき、なんとなくところどころ音を少しはずしてたよう気がしたので、今回のツアーでの歌は生歌だったのかなと思います。


ライブ自体はダブルアンコールまでやって、しかも、まさかのSKEの新曲と同時発売、また大阪でコンサートをしたと言う事でNMBのデビュー曲の絶滅黒髪少女の完璧なカバーもやると言う大盤振る舞い。


全体通して客席も掛け声は今回はMIXだらけじゃなかったし、アンコールの時も客の一人がコールの仕方みたいな説明を一人が叫んでそれにみんな乗っかるみたいな統制された感じなのも新鮮でしたね。


とにかく期待値が相当低かっただけに、終わってみたらすごい楽しめてた自分がいました。

MIXは個人的には曲によっては雰囲気ぶち壊しにするしで大嫌いなんですが、正直、自分もやってもよかったなあと思ってるぐらいですしね(笑)。


ダブルアンコールの一回目では2月でSKEを卒業する岩永亞美ちゃんが会場のファンからの歓声に涙する場面もありましたし、とにかくピースフルなコンサートでした。

客もほぼ会場埋まってたように思うし、何より特別な売り方(一般発売なしで、48G共通のチケットセンターって言う劇場公演、コンサートチケットの販売を取り扱ってるサイト経由でしかチケットが買えない)してるのにこんなに動員力あるんだって思いました。
(チケ代が5000円と比較的安価なのもあるかもですが)


昨年の暮れにチケット申し込んだときは大阪だから行ってみるかぐらいで特に何も考えませんでしたが、奇しくも岩永亞美ちゃんにとってはこれがツアーのラストで、小林亜実ちゃんにとってはラス前(次の3/31の沖縄公演がラスト)となったコンサート。

そんなコンサートに自分が立ち会えただけでも良かったなあと思います。



とにかく、楽しかったですね。
玲奈ちゃんも花音ちゃんも2人ともチームEのセンター格なのもあり、センターにいることも多くて、(当時は)まだ無理は出来る体調じゃないしで、終始着席観覧だったのですが、見るぶんには困らなかったしね(笑)。
このセトリでしかも岡山や近場でやってくれるならもう一回見たいなあと思いました。
ガイシの時とは違う意味で不完全燃焼感はあるので(ノ∀`)


で、これはすごい余談なのですが、この感想とかを玲奈ちゃんにも花音ちゃんにも伝えたいと思い、次のSKEシングルの個別握手会に申し込みしましたが、見事2人とも当選しました。


行けたら玲奈ちゃんはほぼ2年ぶり、花音ちゃんは1年ちょいぶり握手となります。


6/14なので、恐らく総選挙直後になるし、その事も伝えられるし、ぜひ行けたらいいなあと思います。