ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

自由律

自由律

自由律


娘。コンの感想を書きたいのですが、なかなか時間がないので今日もCDの感想で。

黒木渚さんソロ名義としては2作目の本作。

シングルで言うと虎視眈眈と淡々と、と、君が私をダメにするを収録したこのアルバム。

前作標本箱が個人的に大当たりの傑作だったので、自ずとハードルが上がってたのですが、本作も負けず劣らずの傑作に仕上がってます。

この、枕詞は疾走感があってカッコいいし、

枕詞

枕詞

この

大予言もちょい80年代っぽさもあっていい感じ。


個人的には君が私をダメにするの歌詞なんて相手が好きすぎてたまらない感じが伝わって好きですね。


しかし、バンド名義から素晴らしいアルバムを連発してるので、自ずと次のアルバムに対するハードルが上がっちゃうなあ。

でも、そういいたくなるくらいの傑作だと思います。