ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

またまたすぐ聴いた5枚

またまた図書館で借りてきて1日で聴いたアルバムたちです(笑)。


サンク・ミー・レイター

サンク・ミー・レイター


ドレイクと言えば、最近のHold on, We're Going Homeから入った為に歌を歌う人みたいなイメージがあるんですが、これを聴くとちゃんとラップもするのね、と思いました(笑)。

まったりとした時に聴きたいアルバムですね。
僕自身はシンガーとしてのドレイクが好きなんで、歌重視の方が良いかなあと思いました。

Coexist

Coexist


XXのアルバムを聴くのは実に5年ぶり(笑)。
デビューアルバムである前作はドラムレスな分、スカスカで似たような曲ばかりだなあという印象を抱きましたが、改めて今作聴いてみると、打ち込みあったんだとか、エレクトロニカ路線以降のレディオヘッドみたいだなとかいう印象を抱きました。
エレクトロっぽさがあるけど、エレクトロニカが強いわけでなく、それすら抑え気味なドライなロック。
今作はなかなか面白いと思いました(笑)。


ツナガル

ツナガル


うーん、なんというか、すごい混じりっけのないアコースティック主体な感じが自分には合わないと思いましたね(苦笑)。
女の子の為と言うか、同世代の為の音楽だと改めて思います。


楽しいね

楽しいね


ザ・ローファイって感じのペラペラな音。
でも、かまってちゃんの音楽ってこんな感じなのかなとも思いました。

音楽メーターの感想によると外部ミュージシャンを入れたとか、かまってちゃんの中でもポップな方に属するらしいですが、ローファイなコーラスがなんとなく美ちなる方へを彷彿とさせますね(笑)。


アイ・ゲット・ウェット~パーティー・一直線

アイ・ゲット・ウェット~パーティー・一直線


まずジャケからして強烈ですが、



これを久々に聴いてみたくて借りました。

これ、邦題からしてバーティー一直線やら、曲に至っては吐くまでパーティーとかそこだけで笑えるんですが、曲は非常に分かりやすい、ラウドなロック。
でも、実は確か、元々はピアノで作曲してるのだとかで、へぇーと思ったのを覚えてるなあ。


山崎洋一郎さんの大変香ばしいライナーがイラっときます(笑)が、曲は分かりやすくていいと思うなあ。

Party Hardは中でも一番好きだからテンション上がりますね(笑)。