ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

ヤメゴク 第6話

見終わりました。


今回は地域のお巡りさんによる元ヤクザの足抜けの回。

それが貴船組の傘下の水千組の元構成員。


みかじめ料が払えなくなって、組を辞めざるを得なくて自殺未遂起こしたのを、地域のお巡りさんが気にかけてなんとか立ち直らせようとしたという話でしたね。


でも、麦秋はその元ヤクザを更生させる事に乗り気じゃなく、これが結果的に当たるのですが、三ヶ島たちがその元ヤクザを更生させるために動くのをことごとく先手を打って潰すんですね。

元ヤクザは誰も自分をかつて助けてくれなかった事から人に心を閉ざしていて、仕事探しも消極的だったんですが、その中で生活保護という手を見つける。

しかし、福祉事務所に出向いたところ水千組からの絶縁状のコピーが無ければいけないというところで、絶縁状のコピーを警視庁のお偉いさんに頼んで故意に紛失させ、また三ヶ島たちが水千組に出向くものの、絶縁状は書いてもらえず。

ところが、橘勲が自ら警視庁に出向いてその絶縁状を渡すという展開になるんですね。


で、これで生活保護申請が通ると思いきや、元ヤクザの父に財産があった事で、申請は破綻。

これで再び心を閉ざし、最終的に元ヤクザはこれなら刑務所に入った方がマシという事でお巡りさんを刺すわけですが。


ちなみに、麦秋の過去についても触れてましたね。

まず、お父さんが亡くなったのは病死だったこと。

また、麦秋が子ども時代に何度も麦秋のうちをうろついていた若き日の橘を追い払っていたのが、元ヤクザを更生させようとした、地域のお巡りの岩井田であること。

麦秋が警察官になってから懲罰的な仕事をさせられた事など。

それを三ヶ島が突き止めようと岩井田や、麦秋のお母さんや妹の元に出向いたり(その家族が貴船組No.2の水田によって狙われることになりそうなのですが)。

今日は三ヶ島墓穴掘り回でしたね。
前回活躍したから調子乗ったんだろうな


しかし、橘と麦秋の間に何があったか。

今週はヒリヒリした展開だったので
来週が楽しみです。



今日おかしかったのは岩井田が持ってきた焼酎の名前が森異常だった事ですね(笑)。


あと、元ヤクザの小牧が、生活保護申請が通らないとなって、殺人未遂起こしたわけですが、殺人未遂とまでは行かなくとも、刑務所が刑務所から出たものの社会復帰出来ず行き場のない元犯罪者の唯一の頼る先になってることも少なくないようです。

だからこそ、社会復帰のために各所が連携することも大事ですが、世間の目は厳しいし、そういった人に関わりたくないでしょうから、また難しいんですよね。


でも、岩井田のようなお巡りさんや、時に余計なこともするけど、三ヶ島のような心を持った警察官も必要だろうなと僕は個人的ながら思います。