ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

モーニング娘。'15 春ツアー GRADATION@5月16日夜 レポ

今回はなんとか会場までたどりつけました(笑)。

今回はFCで二階後方なんていう糞席を引き当ててしまい、連番者のあっちゃさん(id:pinkrapid)に申し訳ないと散々謝りながら参戦いたしました。


僕は目が悪いので、メガネ着用で見てましたが、直線方向的には悪くない位置。
二階ながらもステージが見渡せるなかなかの席でした。

で、某掲示板からセトリを拝借して、覚えてる限り語ります。

01.青春小僧が泣いている
02.One・Two・Three
03.ブレイン ストーミング

 
勢いのあって盛り上がるこの最初の3曲。
聴いてて、ぞくっとしましたね。

本当は着席で見るつもりだったんですが、結局、立って見てる自分がいました(笑)。
踊ったり動くにはまだ心もとない体調なんですが、これは立って見ててぞくっとしましたね。


※VTR(リハーサル映像)

いつもはメンバー個人の名前が出てくるパターンのVTRですが、今回はツアータイトルのグラデーションにちなんだ絵の具のグラデーションを用いた映像だったり、リハーサルの映像を使ったのが印象的でした。
道重さゆみという絶対的なリーダーがいなくなり、弱体化も懸念されましたが、みんなでモーニング娘。を支えていこうという思いを強く感じました。

04.夕暮れは雨上がり
05.時空を超え 宇宙を超え

最初の静かなイントロを聴いた時、これはトキソラかと思いましたがまずは雨上がりで、次はトキソラ。

雨上がりの方はまーちゃん*1がピアノを弾く真似をするパートがあるんですが、画面に映ってるピアノを弾く手もまーちゃんだったらしいです(笑)。

最後のMCで言ってましたね(笑)。

 ※MC1
06.女子かしまし物語
07.浪漫 ~MY DEAR BOY~

この辺りは個人的に動けないのが悔しかったです。

特に浪漫は大好きなので。

かしましは12期を含めた新バージョンだったんですが、ハルちゃん*2の動きが大きかったのが印象的でしたね。

 ※MC2(飯窪+12期)

ここのMCでは確か、ハルちゃんが束の間を「たばのま」と読んだというおバカなのをはるなん*3に暴露されたり(笑)。
はるなんも、ハルちゃんにあなたには言われたくないみたいなこと言われてましたが、はるなんは数学以外は得意と反撃してました(笑)。

12期ではあかねちん*4生卵を割れる人はバカだという前提でそんな質問を工藤パイセンにして、工藤パイセンが生卵割れると答えてしまい、あとから羽賀ちゃん嫌いと工藤パイセンに言われたのが悲しかったと言ってましたね(笑)。
*5

あとは真莉愛ちゃん*6はお母さんがお父さんと喧嘩した時に家出して東京で野球見たりするとか、また歌が不安定なはーちん*7に対してオーディションの時の課題曲、本当に歌えたの?的な毒を吐いたり(笑)。←本当は自分が苦戦したからあれ歌えたの?大丈夫だったみたいな意味でしたが(笑)。

チェルちゃん*8はお気に入りの番組が録れなかったのが悲しいと言ったらはるなんに別の番組すすめられてましたね(笑)。

08.好きな先輩(12期)

真莉愛ちゃん+アザースリーみたいな差を感じました(笑)。

いや、それだけ、ハロプロ研修生時代の自分を大きく見せるというのを徹底してる真莉愛ちゃんの勝利って感じですが、歌の安定さ、ダンスの動きの大きさでは真莉愛ちゃんが飛び抜けてましたね。

あかねちんとチェルちゃんがそれに続く感じで、あかねちんは崩れそうで崩れない感じ、チェルちゃんは声を潰していながらも、安定してましたね。

はーちんは音が外れてたのが気になりましたが、ここは初ツアーなので、まあ、ね(笑)。


09.【メドレー】3、2、1 BREAKIN'OUT(鞘石佐小) ~ I'm Lucky girl(譜生鈴飯工)
10.なんちゃって恋愛(12期以外)
11.女と男のララバイゲーム
12.まじですかスカ!

この辺り、同日昼に入ったつるちゃん(id:turuuuun)はライフがゼロになったのは想像に難くありません(笑)。

この辺りの曲はまじですかスカ!も含めて、オリジナルのイメージが強い曲ですが、オリジナルを知ってる身としても良い出来だったと思います。

とくに3、2、1は現在、ボーカルのメインを張るのが多い4人が入っていましたが、多少、力で押してる感はありましたが、よかったですね。

あと、なんちゃって恋愛でハルちゃんのパートがあったのは嬉しかったですね。

これは全体通してですが、ハルちゃんのパートが増えてるように感じて、それも嬉しかったです。


 ※MC3(2人MC or ラブレター朗読)

今日のテーマはかわいい。

具体的には忘れましたが、ハルちゃんはお母さん譲りと言ってましたね(笑)。
最近、雑誌でも今までは謙遜してたけど、今は自分を可愛く産んでくれたことに感謝したい→自分は可愛いと思ってると言ってましたが、ナルシストっぷりを発揮してましたね(笑)。

さらに、面白かったのが、今、アナ雪が工藤家でブームらしく、ハルちゃんを起こす時にお母さんは雪だるま作ろうだったか、扉あけてで起こすらしいんですね。

で、それを前日夫婦げんかやった時もやってすごく強く、遥ぁ!ってな感じで怒りながらドア叩きながらやったとか(笑)。

それをママ、いいよととなだめるハルちゃん(笑)。

あと、なんかの曲をハルちゃんがお風呂で歌ってたら、酔っ払って帰ってきたお父さんが一緒に歌って、恥ずかしかったとともに、ハルちゃんの弟さんとこんなんになるなら酒飲みたくないと言ったらしいです(笑)。


13.【メドレー】Memory 青春の光(佐小 コーラス12期) ~ サマーナイトタウン(譜生鞘鈴飯石工) ~
        ~ SONGS ~ Help me!! ~ TIKI BUN
14.リゾナント ブルー
15.君さえ居れば何も要らない
16.Password is 0
17.わがまま 気のまま 愛のジョーク
18.What is LOVE?

この辺りからは畳み掛ける感じでしたね。

後半は動けなかったのが辛い流れでした。

なんの曲だったか、まーちゃんの声がれいなちゃん*9の声にそっくりだったんですよ。

かねてから、まーちゃんはたなさたん*10になりたいと言ってたけど、本当、たなさたんが乗り移ってきたね、と思いました。

あとはいつもラストの曲は一旦、MCを挟むのですが、今回はMCなしで、あゆみん*11がラストナンバー!って叫んだだけなのも新鮮でした。

今回、娘。がライブ仕様度を強めてるな、とそこで強く感じました。

あとTIKIBUNでは肩組むフリがあるんですが、あっちゃさんと肩組みましたね(笑)。


アンコール

19.イマココカラ
MC
20.涙ッチ

アンコールは今日が凱旋のはーちんコールでいっぱいに。

でも、昼公演はなかったらしいです。


あと、イマココカラは12期入って初のPV公開された曲なのもあり、見てて壮観でしたね。

最後の涙ッチは2010年くらいからお馴染みの曲。
これは僕も合唱しましたね。


総括としては、

さくらちゃん*12が今日もえもいわれぬ色気を醸し出してました

今回はプラチナ期*13の曲が多かったので人によってはオリジナルと比べてしまうかもしれません。

でも、スキル的にもしかしたら足らない部分はあっても、これはこれでありなんじゃないかと僕は思いました。

自分が推しのハルちゃんばかり見てたのもありますが、道重さゆみリーダーがいなくなり、鞘師、小田のボーカル2トップがいい意味で崩れてきた気がするんですね。

元々、パートが多かった、まーちゃん、あゆみん、フクちゃん*14だけでなく、前はパートが少なかったハルちゃんも増えてたのは印象的でしたしね。

厳しくいうと、彼女の弱点はハスキー声のせいで、声が出きらず曲によっては音程がふらついてしまうところ。
しかし、今回は安定してたように思いますしね。

後輩が出来たことで相対的にパート任され引っ張る立場になったのでしょうが、それでも、ハルちゃんがしっかり歌う姿を見れて嬉しかったですね。

また、今後もパートをもらえたら彼女には自信にもなるかもしれないですしね。

今回はダンスも一生懸命やってるのがよく分かったし。


あと、番外編としては僕の視線の左方向にヘドバンをずっとしてたファンがいたんですが、彼は最高にクールでしたね。

ロックファン流れかもしれませんがフリコピ主流の娘。現場でヘドバンってなかなか勇気いりますしね。

また、こういう楽しみ方もありなんだなと改めて教えてもらった気がしました。


そして、最後に。

やっぱり娘。現場は楽しかったー!




*1:佐藤優樹ちゃん

*2:工藤遥ちゃん

*3:飯窪春菜ちゃん

*4:羽賀朱音ちゃん

*5:卵は割ること出来ますが、生卵は割ることは出来ませんよね(笑)

*6:牧野真莉愛ちゃん

*7:尾形春水ちゃん

*8:野中美希ちゃん

*9:卒業生の田中れいなちゃん

*10:佐藤優樹ちゃんのみ使用してるれいなちゃんのあだ名

*11:石田亜佑美ちゃん

*12:小田さくらちゃん

*13:2007から2010年の高橋愛ちゃんがリーダーの時代の体制を指します

*14:譜久村聖ちゃん