ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

ヤメゴク 第5話

見ました。

今日はまだ「ヤメゴク」になる前のまだ明るい麦秋の頃に関わった青年が対象でした。


その青年が麦秋が青年の父親のゴルフ仲間にヤクザが居た事から会社が摘発されて、倒産して、収入が激減した事から青年がグレた事からシャブの取引に手を出して、それをその青年の祖父が心配して足抜けをさせようとしたのが話の始まり。

そこに三ヶ島と縁があった藤田が関わっている事で話がややこしくなってくるんですが、


要は
藤田→青年→半グレ組織

みたいな感じでシャブが渡ってるみたいな感じなんですね。

で、今回明らかになったのは藤田は三ヶ島の高校時代の友人だと言うこと。


だからこそ、藤田を三ヶ島は足抜けさせようとするのですが、藤田は意に反して、青年の誘いもあり、貴船組を辞めて他の組織に移籍しようとする。


それを麦秋は策を用い、藤田と青年を足抜けさせるために、オレオレ詐欺の囮捜査を仕掛け、既にタブレットにスキャンした札束で、違法なことに使用しようとした金を使うことを問いただし、藤田が移籍しようとするのを阻止する。


で、逆上した藤田が青年に復讐するところにいたのを麦秋が格闘の末、勝ち、藤田を逮捕することになるのですが、

今回は冷徹な麦秋に対し、三ヶ島さえもを藤田を足抜けするコマみたいなことに考えてたのに、三ヶ島が反発するんですよね。


で、青年が昔、補導されたときに世話になった麦秋に裏切られたのもあり、自分一人で生きていくと言ったのに、足抜けさせるために青年の祖父、父が奔走したことを伝えたのも三ヶ島、で、麦秋に負け逮捕された藤田に友人だから、カタギに戻れとさとしたのも三ヶ島と、今回は三ヶ島活躍回でしたね。

もしかしたら、麦秋、三ヶ島、それぞれ活躍する回を設けてるのかなあと思いましたが。


今日は橘勲貴船組組長を使用者責任で追い詰めたのもありますし、話のテンポは良かったですね。


間で何回かギャグ的なシーンもありましたけど(笑)。


こっちは話がゆっくりだし、そんなに不快になる展開ないから落ち着いて見られるなあ。

今日も適度に話がヒリヒリしてて面白かったです!


また次の回が楽しみです。