ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

テレビの感想あれこれ(音楽編)

NHK BS 洋楽倶楽部 ワールドプレミアムライブ サム・スミス、ポール・マッカートニー


・サム・スミス


これらはブルーレイあったからこそ録った番組だなあ(笑)。

サム・スミスは正直、Stay With Meすらろくに知らない体たらくなんですが、結構、アダルトコンテポラリーなライブでしたね。
サム・スミスは冒頭であまり男性ボーカルを聴かず、女性ボーカルを聴いてきたって言ってたんですが、なるほど、あの声のルーツはそこにあるのねと思いました。

そのライブやってたAustin City Limitsの映像、ちゃんと公式でありました。

彼の声は独特ですね。

昔、こんな歌手がいたような気もするけど、確かに彼の歌は聴いてて心地よいなとも思います。

この曲で言うと会場全体が手を左右に振ってサムと一体になってる感じがいいですよね。

あとは、同じくこのライブで歌ったNirvanaって曲もよかったなあ。

Smells Like Teen Spiritのような激しい歌かとタイトルだけ見て勘違いしましたが(ノ∀`)


ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニーは当然と言ったら当然なんですが、ウイングス中心のライブなんでせいぜいやってたビートルズの曲はYesterdayくらい。

でも、Band on the Runとかは知ってたし、何よりも全体的に結構音がハードで勢いある感じだったのが印象的でしたね。

やはりCD化された時のスカスカの音ぐらいしか知らないから、ライブ音源はきちんと臨場感もありましたね。


そう言えば、ポールは先日来日してましたが、その時のニュースでも結構音ハードでしたしね。

笑う洋楽展

今回はQueenのビデオ特集、アート志向のPV、鼻が特徴的な人のPVの再放送で。



Crazy Litttle Things Called Loveとかもやってたけど、これは僕も昔から意味不明に思ってたなあ(笑)。

なぜ、ブライアンからギター奪う、フレディよ、とかね(笑)。


あと、I want it break freeとIt's a Hard LifeのPVの中世だったり、ドラマのオマージュだったりの様式美な感じだけど、フレディが女装してたり、メンバーが中世の格好してるのは確かに笑えましたね(笑)。