ぼくのたわごと(別館)

あるハロヲタ兼栄好き兼ロック好きの趣味ブログ

洋楽の懐古をしていました

ゆうべはふと15年近く前の洋楽を聴きたくなりました。




マニック・ストリート・プリーチャーズのSo Why So Sadこれも言ってみたらモータウン風だよね(笑)?

そう思いながらトイレ行ってきたら今度は部屋に戻って、セミソニックのChemistryを聴きたくなってきたり。

そんでこれの関連動画でニュー・ラディカルズのYou Get What You Give見て、今度はその関連動画のシュガー・レイのEvery Morningを見て、シュガー・レイなにしてんのかなとググって、関連検索でマッチボックス・トウェンテイやヴァーティカル・ホライゾンやサード・アイ・ブラインドやら調べてようつべでまた聴いたりと。


本当、このあたりが洋楽一番聴いてた時期なんでね、懐古して楽しかった(笑)。

そういや、娘。の新曲のイマココカラ、英題がRight Here, Right Nowなんですが、
僕的にはこのタイトルと言ったらこれなんですよ(笑)。


このPVの猿が人間になっていくところが即座に浮かんだから、タイトルを見た時に吹いてしまった(笑)。

これらのバンドは10代のMTVとかばっか見てた頃のヒット曲なので、ほんと、今でも好きな曲が多いんですよね。


で、何の気なしに、ちょっとマイナー気味のバンドも調べたくなって、マリオンのMiyako Hide Awayを見つけたあと、



パルサーズのTunnel Song、これがようつべにあったのには感動したね(笑)。


これ、今のMTV JAPANの前の前のMTVの時*1にパワープッシュされてた曲なんですよね(笑)。

なんつうか、ボーカルが軽くデブ(失礼)なのにすごいいい声って強烈なイメージがあるのでね(笑)。


ちなみに、確かこのパルサーズ、日本ではそんなに話題にならなかったはずで、アルバム一枚で解散状態になったと思ったら

The Pulsars - Wikipedia, the free encyclopedia


まさか2009年に活動再開してたとは(笑)。

しかも、検索してみたら


Pulsars

Pulsars

これの再発盤?らしきものはどうやら定価でも買えるそう(笑)。


ちなみに、地元の図書館にはこれの国内盤がまだ置いてあります。

こんな知る人ぞ知るバンドのCDがあるなんてすごいよ(笑)。





*1:ややこしいけど、MTVが1999年にvibeってチャンネルになって、その後2001年に今のMTV JAPANになった。ちなみにSKEの番組でおなじみの鉄平さんは元MTV JAPANのVJ